在宅は人生を生ききる場であり、命をつないでいく場

Message

わたクリニックは2002年8月に葛飾区に開院し、2014年5月までで2327人の患者さんを在宅で看取り、2013年は384名のがん患者さんを在宅で看取っています。

在宅緩和医療は、終末期のケアが主体となっています。
治療できなくなって在宅へという現状では、病院から見捨てられた場所、悲観的なイメージしか伝わってきません。

しかし私は、在宅はその人らしく人生を生ききる場であり、命をつないでいく場と考えています。

その方の人生を悔いなく生ききるために、どこで、どのように過ごしたいのか、心の声を聴きながら、一緒に考えていきたいと思います。

これからも皆様方のお力を借りながら、命をつないでいきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

院長からのメッセージ
オープニングスタッフ募集

小児在宅医療をはじめました

Care for kids

小児在宅医療をはじめました

退院したお子さんがスムーズにご自宅での生活を開始できるようにお手伝いさせていただきます。在宅担当の小児科専門医が急性期病院の医師・スタッフと連携を取りながら、地域の看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・ヘルパー・教育担当者・行政担当者とともに、訪問看護ステーション・紹介元病院とも連携して24時間・365日対応いたします。成人へのトランジション症例にも対応いたします。

小児在宅医療をはじめました

講演のご報告

Report