クリニック紹介

ごあいさつ

住み慣れた我が家でできるだけ過ごしたい、そんな患者さんの思いに応えたいと在宅療養⽀援診療所わたクリニックを、2002年8⽉に葛飾区、2012年には江⼾川区、2021年には墨⽥区に開院しました。

訪問診療開始してみると「やっぱり家はいいな。夜眠れるようになった。」「家にいると、家族の声が聞こえてくる。頑張ろうと思う。」と家で過ごす良さを患者さんは語り始めます。台所のまな板の⾳、洗濯機の⾳、⽇常の何気ない⽣活の⾳までが患者さんを癒してくれていることに気付かされます。また病気になってはじめてわかったことも教えてくださいます。私たちがあたりまえと思っている⽇常を過ごせることがどんなに有り難いことなのか、当たりまえの⽇常がない病院という場所で過ごして実感されたこともお話ししてくださいます。たくさんの⼈⽣の先輩⽅にお会いして、いつも学ぶことばかりでした。「先⽣が来ると元気が出るよ。」と⾔ってくださる患者さん、元気をいただいているのは私の⽅ですと⼼の中はいつも感謝の気持ちでいっぱいです。

あっという間の19年間でした。在宅で過ごす良さを教えてくださった患者さんが、24時間安⼼して、つらくないようにお過ごしできるように、緊急携帯電話を枕元に置いて寝る⽇々です。在宅医療365⽇24時間は、⼀⼈の医師だけでは継続することができません。同じ志で⽀えてくれている医師、看護師のスタッフに恵まれていることも有り難いことです。

これからも住み慣れた家で過ごしたいという患者さんに、24時間安⼼できる医療を提供できるように頑張っていきたいと思います。

わたクリニックのあゆみ

わたクリニックは2002年8月に葛飾区に開院しました。
在宅でお過ごしになられている患者さんのところに、医療をお届けし、安心して、お暮しできるようにと思っていました。病院で、患者さんに接していたときには、わからなかった生活の場が、在宅にはありました。

老々世帯であったり、娘さんや息子さんがいたり、お孫さんがいたり、様々な家があります。患者さんのお宅に伺うようになり、医療をお届けしている私が、実は多くのことを教えて頂いていることに気づき、感謝の気持ちで一杯になりました。

患者さんは重い病気で、お体を自分の思うように動かせない状態でも、自分らしく、最後の時まで生きていきたいと思われています。その思いを感じながら、私は、その方の生き方を大切にし、寄り添いたいと思っています。

わたクリニックのあゆみは、わたしたちと患者さんとのあゆみです。未熟な私たちを、導いてくださっている、患者さんご家族に感謝申し上げながら、今日までのあゆみをご報告したいと思います。

在宅療養支援診療所 わたクリニック

スタッフ

常勤医師 9名
非常勤医師 13名
常勤薬剤師(日本緩和薬学会認定薬剤師) 1名
日本緩和医療学会認定研修施設
認定医 2名
専門医 1名
暫定指導医 1名
日本在宅医学会認定研修施設
専門医 1名
指導医 1名

あゆみ

  • 2002年8月:わたクリニック(葛飾区)開院
  • 2012年3月:わたクリニック船堀(江戸川区)開院
  • 2018年3月:わたホームクリニック(葛飾区)開院
  • 2021年8月:わたクリニック墨田(墨田区)開院

がん患者自宅看取り数・看取り率(わたクリニック・わたクリニック船堀・わたホームクリニック)

がん患者自宅看取り数・看取り率

自宅で死亡したがん患者数/在宅診療を行ったがん患者の総死亡数)

在宅看取り総数(わたクリニック・わたクリニック船堀・わたホームクリニック)

在宅看取り総数

2002年8月~2020年12月の12年間で5652名の患者さんを在宅で看取りました。
がん患者さんは4913名、非がん患者さんは739名です。

自宅看取りがん患者診療期間(2018.01.01~2020.12.31)

診療日数 比率
1週間未満 109人 8.2% 43.7%
1週間以上~2週間未満 178人 13.4%
2週間以上~1カ月未満 294人 22.1%
1カ月以上~3カ月 402人 30.3%
3カ月以上~6カ月 170人 12.8%
6カ月以上 176人 13.2%
合計 1329人

ご依頼の方法

在宅医療開始までの流れ

  • まずはお問い合わせください。主治医のいる方は主治医にご相談ください。
  • ソーシャルワーカーや医師からのご紹介
  • 医師、看護師が訪問し往診について説明いたします
  • 在宅医療開始
在宅医療開始ご依頼シート
ページトップへ