小児在宅医療
小児在宅医療

小児在宅医療

在宅医療のイメージ

一週間のスケジュール

急性期病院から退院された直後のお子さんの1週間のスケジュールのイメージです。

3歳 女児 低酸素脳症、気管切開後、経管栄養、寝たきり

3歳 女児 低酸素脳症、気管切開後、経管栄養、寝たきり

ケアサポート体制

このようにご自宅で新しい生活をはじめるにあたって、お子さんには医療・介護・福祉・療育など多方面からのケア・サポートが必要です。

ご家族の生活(お仕事やご兄弟の学校など)を継続しながら、退院したお子さんがスムーズにご自宅での生活を開始できるように、地域の在宅担当の医師が急性期病院の医師・スタッフと連携を取りながら、地域の看護師さん・薬剤師さん・リハビリスタッフさん・ヘルパーさん・教育担当者さん・行政担当者さんとともにケア・サポートを行っていきます。(下図)

またその後も、健康状態や発達段階に応じて必要なサポートは変化していきます。当院は地域の小児在宅医療を担う診療所としてリーダーシップをとりながらこの多職種連携の輪に加わり、お子さんに適切な医療を提供出来るように努めます。

わたクリニックの小児在宅医療

当クリニックにおける小児在宅医療の特徴

①小児科専門医が対応します。

当院では循環器領域・新生児領域で急性期治療の経験のある小児科専門医が在宅主治医として対応させていただきます。
※夜間・休日に限り、小児科以外の当院常勤医師が対応させていただくことがあります。

②24時間・365日対応いたします。

訪問看護ステーション・紹介元病院と連携し適切な医療が提供できるように対応いたします。

③成人へのトランジション症例にも対応いたします。

当クリニックにおける成人在宅医療分野での経験を活かし、成人の年齢になっても在宅診療は継続可能です。

対象となるお子さま

○ NICUや急性期病院からご自宅へ退院される医療ケアの必要なお子さま

○ 外来通院が困難となったお子さま

○ その他の理由でご自宅での治療を希望されるお子さま

訪問範囲

葛飾区・江戸川区を中心として近隣の区までお伺いします。該当の地区にお住まいでなくても対応可能な場合もあります。お気軽にご相談ください。

ご利用方法

病院・施設より退院されるお子さま

現在入院されている病院・施設所属の退院調整担当の看護師さん・ソーシャルワーカーさんにご相談ください。

自宅にいて外来通院中の小児患者さま

外来主治医の先生にご相談ください。直接ご連絡いただいても結構です。

まずはお気軽にご相談ください。

【TEL】03-6662-8514
【FAX】03-6662-8515

わたクリニック  小児在宅担当事務  大川

スタッフ紹介

医師  渡邉 拓史

【経歴・所属学会】

平成18年  日本大学医学部卒業
日本小児科学会専門医・指導医、医学博士

日本小児科学会員
日本小児循環器学会員
日本小児在宅医療支援研究会員

【一言】

ご自宅で過ごす中で、その子らしく成長しながら、安心して楽しく日々の生活を送っていただけるように努めて参りたいと思います。

医師  安藤 正恵

【経歴・所属学会】

平成20年  日本大学医学部卒業
日本小児科学会専門医

日本小児科学会員
日本周産期・新生児学会員
日本小児在宅医療支援研究会員

【一言】

ご自宅でご家族と一緒の大切な時間を、安心して過ごしていただけるようにお手伝いをさせてください!